熊本から「働き方改革」を発信する社会保険労務士事務所

070-8904-2786

メディア掲載情報

参加した相談会が、テレビニュースで紹介されました。(専門8士業合同無料相談会)

社会保険労務士の、荻生清高です。

 

11月23日(水)に、8士業合同無料相談会が開かれました。

この相談会は、8つの専門家が、協力して対応します。

※8士業:弁護士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、公認会計士

 

この相談会に、労務相談員として参加しました。
(なお社労士からはもう1名、年金相談員が参加しています。)

 

当日の様子が、テレビ熊本のニュースで、紹介されています。

最低賃金のポスターが出てくるあたりが、社労士のパートです。

 

TKUニュース:弁護士や税理士など8士業の専門家が合同無料相談会【熊本】

 

” 弁護士や税理士など8士業の専門家が合同無料相談会を23日、熊本市で開きました。

これは『熊本県専門士業団体連絡協議会』が開いたもので事前に予約したおよそ70人が

法律や税金、不動産などの問題を相談していました。

 

『連絡協議会』によりますと最近は相続に関する相談が増えていて

複雑な問題に対しては専門家が連携し、合同で対応していくということです。”

 

 

私のほうでは、従業員側からのご相談・事業主からのご相談それぞれを、担当しました。

税理士や弁護士と共同で、相談にあたれますので、幅広い観点から対応ができました。

 

相談後の所見

ご相談の具体的な内容および対応は、守秘義務もあり、ここでは控えます。

ですが、ご相談の方が安心しておられた様子は、労務および年金の社労士相談員とも、共有していました。

 

あと、やはり事業主としての基本的な対応、もっと言えば「やってはならないこと」が、まだまだ知られていないと感じています。

社労士が関わっていれば、決して起こさせないような事態を起こし、トラブルになってしまう例を、この手の無料相談会ではよく見かけます。

 

知らないことが原因とはいえ、使用者にとっての大きなリスクにつながる場面は、やはり何とかしていきたいです。

使用者の取る正しい対応は、これからも呼びかけていきます。

 

使用者が自ら「正しい対応」を知ることは、なかなか難しいと思います。

ぜひ、社労士を含む専門家の力を、借りていただきたいです。

 

最後に

この8士業無料相談会は、毎年11月23日に行っています。ぜひご来場・ご相談ください。

 

弊所でも、他士業との連携でのご相談は、対応しております。

お気軽にご相談ください。

関連記事

TOP