熊本から「働き方改革」を発信する社会保険労務士事務所

070-8904-2786

プロフィール

荻生 清高(Kiyotaka OGIU)

社会保険労務士 荻生労務研究所 代表

特定社会保険労務士

熊本県熊本市出身、熊本大学法学部法律学科卒業。
事業会社での社会保険部門、および社会保険労務士事務所での勤務を通し、労働保険・社会保険の手続、給与計算代行から就業規則作成、労務管理相談、人事制度作成支援等を手がける。また、熊本地震および新型コロナウイルス感染症禍においては、助成金・補助金および士業間の連携を活用し、雇用維持および事業継続を支援。

2021年5月、社会保険労務士 荻生労務研究所を開業。士業間連携をさらに発展させ、顧問先の問題を幅広く解決できる体制づくりに取り組む。また、熊本を拠点にテレワーク、働き方改革などを発信している。

社会保険労務士事務所在職中から、数々のセミナー講師を手掛け、最新の法律、裁判例に実務を反映させた解説を行う。2020年12月および2021年2月・3月、熊本市主催「熊本市主催 出向・副業オンラインセミナー&マッチング会」オンライン講演および相談員。2021年2月、熊本県 県南広域本部 球磨地域振興局主催 人吉・球磨地域の事業所向け 採用力・魅力度アップセミナー「ニューノーマルの時代に活用できる 雇用に関する支援制度」講演。働き方改革や福利厚生の改善に活用できる助成金や支援制度について解説。併せて、被災地復興のための補助金・支援措置の活用について解説。

実務で得た知見・経験の共有にも取り組んでおり、2021年4月よりオンライン労働判例研究会adbanced九州2021共同幹事として、九州の社会保険労務士と労働判例の研究に取り組む。

TOP