熊本から「働き方改革」を発信する社会保険労務士事務所

070-8904-2786

働き方改革

熊本で相次ぐ、女性従業員の制服見直し 学生の会社選びに与える影響は?

熊本で、女性従業員の制服見直しに動く会社が、相次いでいます。

 

鶴屋、女性従業員の制服廃止へ 九州の地場百貨店で初 ジェンダー平等、働きやすさ意識(熊本日日新聞2022年8月31日)

https://kumanichi.com/articles/774655

「私服で勤務」肥後銀行が試行 女性行員、9月から段階的に 23年4月の制服廃止めざす(熊本日日新聞2022年9月1日)

https://kumanichi.com/articles/777160

 

いずれも熊本では、トップレベルの実績と知名度を持ち、また地域に親しまれている企業です。

そのような会社が、一斉に女性従業員の制服見直しに動くことは、間違いなく熊本の他の会社にも、影響を及ぼしそうです。

 

「働くときの服装が入社意欲に影響する」と答えた学生が3割。文系女子に限れば4割

制服については、学生の意向を気にされることが、多い気がします。

そこで今回は、株式会社マイナビが行った「マイナビ2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)」の結果から、最新状況を見ていきましょう。

 

これによれば、「働く時の服装が入社意欲に影響する」と答えた割合は、全体で3割程度とのことです。一方で、「あまりそう思わない」「まったくそう思わない」の合計は4割です。意外と入社意欲に、影響しないように見えます。

 

ところが、これを文系女子に限ると、「影響すると思う」の答えが、およそ4割と比率が上がり、「あまりそう思わない」「まったくそう思わない」とほぼ同じ比率になります。

 

今回の制服見直しは、文系学生が多く目指す業種や職種が、対象とみられます。

熊本で女性従業員の制服見直しに動く会社が出てきたことが、学生の会社選びに少なからぬ影響を与えるかもしれません。

 

では、あなたの会社は、どうすればいいのか

この2社の動きをみて、「あなたの会社も、女性従業員の制服を見直すべき」とまで言うつもりはありません。

従業員の制服には、お客様からみてその会社の人だとわかりやすい、というメリットもあります。

 

ただ、女性従業員だけに、制服着用のルールを課す理由は何なのか。

その問いの答えは、あなたの会社の将来像、会社が求める人物像、あるいは会社の理念に、合致するのか。

 

それは、一度お考えいただきたいです。

それを考えれば、これからどうしていくのが適切か、見えてくるかと思います。

 

先に引用した鶴屋百貨店、肥後銀行の記事には、いずれも目指す会社像についての言及がありました。

自らの将来像を、語れるまでに明確化できる、というのも、この問いを考えるメリットだと思います。

 

参考情報

マイナビ2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)

2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)

鶴屋、女性従業員の制服廃止へ 九州の地場百貨店で初 ジェンダー平等、働きやすさ意識(熊本日日新聞2022年8月31日)

https://kumanichi.com/articles/774655

「私服で勤務」肥後銀行が試行 女性行員、9月から段階的に 23年4月の制服廃止めざす(熊本日日新聞2022年9月1日)

https://kumanichi.com/articles/777160

関連記事

TOP